メール鑑定の流れ

mail5

メール占い鑑定とは、恋愛、仕事、家族関係などの悩みをメールにてご相談できるサービスとなっています。
 
電話や対面よりもオススメできるポイントとしては、3つありますが、ざっとメール占い鑑定のメリットを挙げてみました!
 
なぜ純郁∞アキトキミのメール鑑定が選ばれているのかそれは6つあります。

理由その1時間を気にせず占い鑑定を受けることができる

 メール鑑定だと残り時間を気にすることなく、鑑定に集中できるのがメリットです。コミュニケーションがし辛いという人も、緊張して中々話せないという人も、制限ある時間を 気にすることなく、鑑定を受けることができるのです。時間に左右されることないので安心することが出来ますよ。

理由その2鑑定結果を何度も読み返すことができる

 電話鑑定よりもメール鑑定をお選びになる方々のほとんどは、鑑定結果を何度も読み返せるから!とお選びになられます。電話鑑定だと鑑定結果は文字として残らないことがほとんどです。

もしも同じ場面に遭遇した場合、もしも問題が再び発生した場合は、メールに添付された鑑定書を読み返すと対処方法が分かるのです。『鑑定結果を 一番近くに置いておきたい』という人におススメしたい鑑定スタイルとなっております。

理由その3メール鑑定は鑑定書として閲覧することができる

 メール鑑定はメール文の中に直接、鑑定内容を記載しているものがほとんどですが、見辛くて分かりにくいことが多いのではないでしょうか。純郁∞アキトキミのメール鑑定は他 の占いサイトとちょっと違ったところがあります。

それは何と【PDF書式の鑑定書】を添付してメール送信しているということです。YahooメールやGmailなどのパソコンメールアドレスが あれば鑑定書を添付できます。鑑定書は太字、アンダーライン、赤字などで強調させて頂いているので見やすく理解しやすい鑑定書となっております。 ほかのご相談者さんにも好評ですのでお勧めです!!

理由その4サポートやフォローはしっかりします!

去年の夏ごろからネットで占いを始めましたが多くのご相談者さんに言われていること。

「相談確認・振込確認キッチリとしているので安心する」「いつも迅速な対応で本当に感謝しています」「確認メールもすごく丁寧で嬉しく思っております」とも言われております。

占い師だからといって確認事項は最後まできっちりしないといけません。占うだけではなくご相談者さんを安心させるために至れり尽くせりのサービ スを行うことは必須なのです。当たり前のことなのですが丁寧に接することができない占い師はご相談者さんのことを大切にはできません。純郁∞アキ トキミは細やかな対応を徹底しますので安心して頂けると思います。

※ただし鑑定書で分からないことがあった場合、再度鑑定が必要な場合はご質問にお答えするのは難しいですが、鑑定が必要ではなく簡単な質問の場 合はお答えできます。質問は一つまでですので予めご了承くださいませ。

理由その5一人一人丁寧に個別鑑定いたします。

あなたのお悩みを個別に鑑定して結果をお届けします。個別鑑定とは、一人一人丁寧に占いをしますので答えが十人十色。よくあるコンピューター占い のような占いではありません。その人に向けた鑑定を一字一字丁寧にキーボードで打ちますので、コピペは一切しませんのでご安心くださいね。

そして純郁∞アキトキミでは、確かな経験と実績のある占い師が、様々な占術を使い、読み解いていきます。あなたが探している"答え"が書き込まれた、世界でたった一冊だけの「特別鑑定書」が待っています。

理由その6鑑定書の表紙は100種類!!

 百聞は一見に如かず。「純郁∞アキトキミ」のグラフィカルで美しいデザイン27種類をご覧ください。100種類 ある中の27種類をご紹介させて頂きます。

背景3

純郁∞アキトキミのメール鑑定はPDF鑑定書です。PDF鑑定書というのはアドべリーダーで読むことが可能ですが、他の占い師さんの鑑定書だと 他の人と表紙がかぶってしまいます。その理由は表紙の数が少ないからですね。表紙が雑であったり、見栄えが良くないとそれだけでイメージダウンに なってしまい、鑑定内容を見る気も失せてしまいます。

そこで純郁∞アキトキミの表紙は、グラフィカルな画像を組み込んでいるため、鑑定内容も見やすくなり、「あなただけの鑑定書」を贈らせて頂くこ とが可能です。

選べる表紙は下記の通りになります。


check ゴールドver.
check グリーンver.
check オレンジver.
check ピンクver.
check ブルーver.
check その他ver.
check おまかせする
上記の6つの理由はメリットですが、逆にデメリットなのが鑑定結果への質問ができませんので、質問内容をご相談される前からしっかりとまとめておく必要があります!
 
「あれも質問しておくんだった~・・・」と、後悔しないといけなくなりますので、十分に気を付けてご相談して下さい。
 
それでは次にメール占い鑑定の流れを順番にご紹介させて頂きます。
  • 1.お申込みフォーム・インスタ・LINEで承ります
  • 2.ご相談内容やあなたの個人情報をご入力下さい
  • 3.お申込み内容をお書き頂いたら受け付けメールが届きます
  • 4.相談内容の確認と料金の見積もりをさせて頂きます
  • 5.『ご確認メール』を送信させて頂きます
  • 6.ご確認メールが届いたら支払いをお願いします
  • 7.占い鑑定を開始します
ステップ1からステップ5までを順番に説明させて頂きます。

1.お申込みフォーム・インスタ・LINEで承ります


お申込みフォームもしくは、インスタでのDM、LINEでご予約をお願いいたします。
 
パソコンやスマホが苦手という場合は、直接お電話を下さっても大丈夫です。
 
受け付け電話番号 090-5897-3532
 
お申込み受付時には料金は一切発生しませんのでご安心ください!

2.ご相談内容やあなたの個人情報をご入力下さい


お申込みフォームにて、あなたのお名前、生年月日、ご相談内容などをお伺いさせて頂きますので、ご入力ください。
 
上記の個人情報については、新規のご相談者様にお聞きしていますが、2回目のご相談者様は、初回受付時に徹底的に厳重に管理させて頂いておりますので、お 名前だけを仰って頂ければご確認頂けます。

3.お申込み内容をお書き頂いたら受け付けメールが届きます

ご相談者様がお申込みフォームにて必要事項をお書き頂きましたら、純郁∞アキトキミから「受け付けメール」が届きます。
 
「受け付けメール」とはご相談者様がお申込みフォームにて書いて下さった内容を、もう一度再送することを言いますが、
 
この時点でご相談者様に、この内容でいいのかどうかをご確認して頂きます。

4.相談内容の確認と料金の見積もりをさせて頂きます

ご相談者さんがお申込みフォームをお書き頂いたあと、2日~3日後に、純郁∞アキトキミから【相談内容の確認】についてメールをさせて頂きます。

その際に【料金のお見積り】もさせて頂きます。

ご相談者さんに確認を頂きましたら、最終確認として『ご確認メール』を送信させて頂きます。

5.『ご確認メール』を送信させて頂きます

『ご確認メール』には以下の内容を記載させて頂いております。

6.ご確認メールが届いたら支払いをお願いします

確認メール内に、「●日までにお支払い下さい」とお支払い日を記載させて頂いているので、その日までに銀行振込かペイパル(クレジットカード)にてお支払いください。
 
また、スケジュールはあなたが占い鑑定をしてもらいたい希望日の1週間前から予約 を取って下さいね。
 
お振込みの確認が取れましたら、こちらから【お振込みありがとうございます】とメールを送らせて頂きます。ですのでお振込みできたのか、 まだできていないのかがちゃんと確認できますから安心ですよ。
 
ポイント3お支払い頂いた後に、キャンセルされる場合は予約し て頂いた鑑定料金分は返金致しますが、キャンセル料金はかかります。また、振り込み手数料は戻りませんのでご了承下さい。
 
ポイント3領収書はプライバシーにより、銀行でお振込みした際 の「お振込明細」は、お客さまの方で保管をお願い致します。
 
ポイント3キャンセル料金は予約した鑑定料金の50%となって います。

7.鑑定メールを送信させて頂きます。

mail6

鑑定料金を支払って頂いたあとに、ご確認メールに記載させて頂いたお日にちから3日以内に鑑定結果を返信させて頂きます。

内容は的確に、正確にお伝えいたしますので、2000文字以上でお伝えさせて頂きます。主なメールの回答内容としましては、あなたの今の状態や様子やこれからどうなっていくのか、解決方法をバシっとご回答させて頂きます!
 
ポイント3相談内容は1件までにしてください。2件目からは追加質問として2,000円加算されますのでご注意くださいね。
 
ポイント3また占い師からのご回答に対しての質問がある場合は、内容によっては有料となりますので、予めご了承くださいませ。

ポイント3「確認メール」を受け取った後は原則としてキャンセルはできません。予めご了承お願い申し上げます。

ポイント3キャンセル料は予約した鑑定料金の50%となっております。

 

 メール鑑定を今すぐお申し込みする

鑑定のお申込みはこちら

 鑑定のご依頼

 お問い合わせフォーム

お支払い方法

お支払い一覧
【純郁∞アキトキミ】鑑定料金は、さまざまなお支払い方法をお選びいただけます。

ページの先頭へ